プリザーブドフラワーについて知っておく

プリザーブドフラワーについて知っていますか?

プリザーブドフラワーは普段目にしないし、正直知らない。
ドライフラワーなら見たことあるけど…。
そんな人は多いはずです。プリザーブドフラワー、と聞いてピンと来る人はそこまで多くないのではないでしょうか。枯れにくい、といってもどの程度?
なんで枯れないの? など、細かい説明ができる人となるとさらに限られてくるでしょう。
ですが知れば知るほど、プリザーブドフラワーはギフトにも、お家で飾るのも最適な、とっても素敵なお花だということがわかるはずです。


なんでプリザーブドフラワーは枯れないのか

プリザーブドフラワーは、生花が一番きれいなときに専用の液帯に浸けこむことで加工を施します。
専用の液帯につけられたお花は色やにおいが完全に落ちてしまいます。
色が落ちてしまうので、色は再びつけなくてはならず着色液をつかって自分でお花に色をつけます。ここでつける色はある程度選べるのが特徴です。


枯れないのではなく、枯れにくい

枯れない、枯れないと言われていますが、永遠に枯れないのではありません。
あくまで「枯れにくい」のだということをしっかり知っておくことが大切です。ギフトで上げる時には、あげる相手にもそのことをしっかり説明しておきましょう。