プリザーブドフラワーで魔法を起こす

プリザーブドフラワーで何を起こせるでしょう。
奇跡や魔法とまではいかなくても、ギフトとしてプレゼントに選べばそれによってお相手をとても喜ばすことができるのではないでしょうか。
きちんと良い条件を整えてあげれば数年そのきれいな姿を楽しむことができる不思議なお花。プリザーブドフラワーの特性を活かせばギフトとしてもお家を彩る方法としてもとても良い働きを期待できます。
お相手をきれいだと喜ばせるだけでなく、枯れずにきれいなその姿を長く保つことでそのお相手以外の人にも喜んでもらえること間違いなしです。


プリザーブドフラワーならあなたは何も心配いらない

プレゼントどうしよう…。そんな心配をしているあなたも心配ご無用です。
プリザーブドフラワーに決めてしまえばあらゆる状況に応じることができます。
お花の種類を広く選ぶことができ、色もにおいも選び放題。
こんなにあなたの自由自在なプレゼントはこのお花だけではないでしょうか。


プレゼントは自分本位にしない

あくまでプレゼントは人への贈り物。
自分が欲しいものではなく、相手が欲しいものを選ぶべきです。これを贈ったら相手はどんな反応が返ってくるのかな。そんなことを想像しながらプレゼントを選ぶことが大切です。

プリザーブドフラワーは魔法のお花

プリザーブドフラワーを実際に見たことがあるでしょうか?
プリザーブドフラワーは生花と遜色ない瑞々しい見た目の素敵なお花。その見た目を長い期間楽しむことができる素敵なお花。
ギフトに使うのも向いているこのお花。もっともっと詳しく知って、今度誕生日を迎えるあの人へのプレゼントとして使いましょう。
リビングや玄関を彩るのにも向いているこのお花。飾っておける期間が長いのでその用途は広いです。手元にお花を手に入れてから飾るのも、誰かに渡すのもあなたの自由。
枯れない魔法のお花を、あなたの必要に応じて使い分けてください。


プリザーブドフラワーはあなたの要望に応えてくれる

プリザーブドフラワーは、あなたが欲しいと思っているお花の需要にある程度応えてくれるものです。色は自然に無い色をつけることができますし、一回色だけでなくにおいも抜いてしまうこの独特な特徴を活かして、自然にはありえないあなたの理想のお花を手に入れましょう。


見た目には生花と見分けがつかないほど

その瑞々しい見た目はまるで生花。触ったりにおいをかいだりしてようやくそれが加工されたお花だとわかるだとわかるほどです。
ドライフラワーや造花よりきれいな見た目を楽しんでください。

プリザーブドフラワーについて知っていますか?

プリザーブドフラワーは普段目にしないし、正直知らない。
ドライフラワーなら見たことあるけど…。
そんな人は多いはずです。プリザーブドフラワー、と聞いてピンと来る人はそこまで多くないのではないでしょうか。枯れにくい、といってもどの程度?
なんで枯れないの? など、細かい説明ができる人となるとさらに限られてくるでしょう。
ですが知れば知るほど、プリザーブドフラワーはギフトにも、お家で飾るのも最適な、とっても素敵なお花だということがわかるはずです。


なんでプリザーブドフラワーは枯れないのか

プリザーブドフラワーは、生花が一番きれいなときに専用の液帯に浸けこむことで加工を施します。
専用の液帯につけられたお花は色やにおいが完全に落ちてしまいます。
色が落ちてしまうので、色は再びつけなくてはならず着色液をつかって自分でお花に色をつけます。ここでつける色はある程度選べるのが特徴です。


枯れないのではなく、枯れにくい

枯れない、枯れないと言われていますが、永遠に枯れないのではありません。
あくまで「枯れにくい」のだということをしっかり知っておくことが大切です。ギフトで上げる時には、あげる相手にもそのことをしっかり説明しておきましょう。

プリザーブドフラワーをギフトでプレゼント

プリザーブドフラワーがギフトにおすすめの理由を考えてみましょう。
まずなんといっても、これがこのお花の最大の特徴でもありますが、枯れにくいということ。
枯れにくくて、生花よりもはるかにお手入れの手間が少ないので、あげた相手の負担にもなりません。
お花ですから、相手に合わせて、あげるシチュエーションに合わせてお花の種類もある程度選ぶことができる。
アレンジも生花ほどではないにしても自由度がある。
あとは軽いなど細かいメリットもあります。プレゼントで何を贈るのか迷っている方はぜひともプリザーブドフラワーを選んでみましょう。
贈るときにはすごく無難でありながら、相手を喜ばせることができるはずです。


すべてのお花をプリザーブドフラワーに加工できるわけではない

あのお花を枯れないかこうしてあの人にギフトとして贈りたい。
そう思っても、必ずしもそのお花を枯れないように加工できるわけではありません。加工できるお花は増えているものの、それでも膨大な生花の数には対応できません。


やっぱりちょっと高価

その加工の難しさなど様々な問題もあり、生花より高価になってしまいがちです。ですが枯れないと言う特性を考えると、その買った代金分楽しめるとも言えるでしょう。